blog

ブログ

対面キッチンの選び方!まずは形やタイプを知ろう!

対面キッチンの選び方アイキャッチ画像

 

こんにちは!

ウッドボックス高知の岡村です。

 

弊社のキッチンと言えば、対面キッチン!

 

キッチンの中でも人気のスタイルで、今やLDKの定番スタイルとなっています。

 

ただひとえに対面キッチンといえども、タイプもレイアウトもさまざま!

 

今回は人気の対面キッチンについて、基本の形やレイアウトについてご紹介します。

 

キッチン計画の参考にぜひチェックしてみてくださいね。

 

対面キッチンのタイプは大きく分けて2つ!

対面キッチンのタイプは大きく分けて2つあるのをご存じですか?

 

1つはアイランドキッチンでもう一つはペニンシュラキッチンです。

 

ざっくり説明すると、アイランドキッチンのアイランドは英語で「島」という意味。

 

この投稿をInstagramで見る

 

(@_______mk__)がシェアした投稿

 

 

そのイメージどおり、四方が壁から離れてまるで島のような孤立したタイプのキッチンをいいます。

 

対してペニンシュラキッチンは「半島」という意味。

 

この投稿をInstagramで見る

 

(@ayagram_home)がシェアした投稿

 

 

 

左右どちらかの壁に面していて、3方は壁から離れているタイプのキッチンをさします。

 

両者の違いはキッチンの片側が壁についているかいないかだけですが、見た目の違いは歴然です。

 

アイランドキッチンのはまるでカフェのようなスタイルが楽しめます。

 

四方壁にくっついていないオープンスペースは回遊性に優れ、開放感あふれます。

 

そのため家族で料理を楽しんだり、お友達を呼んでパーティースタイルを楽しみたいかたにとってピッタリのキッチン!

 

みんなでわいわいとつくる料理は、普段とは違った楽しみを味わえるでしょう。

 

ただしキッチンの両サイドに通路スペースを設けなければならないため、広い間口が必要となるのが難点。

 

その点ペニンシュラタイプは片側を壁にくっつけて設置するため、通路スペースは1箇所のみ。

 

通路スペース画像

引用元:LIXIL「通路のスペース」

 

 

ペニンシュラキッチンなら、限られた空間でも対面キッチンへの夢が叶います。

 

またほとんどの場合、コンロ側が壁面に設置されるため、煙の広がりや油はね防止の効果も。

 

どちらも一長一短ありますが、リビングとのつながりをもて、オシャレなスタイルを楽しめると不動の人気を確立しています。

 

対面キッチンのレイアウトは大きく分けて3種類

次に対面キッチンのレイアウトについて見てみましょう。

 

レイアウトとは、キッチンの配置や配列のこと。

 

対面キッチンのレイアウトは以下の3種類

  • I型
  • II型
  • L型
キッチンレイアウト画像

引用元:LIXIL「レイアウトは使い方に合わせて」

 

ひとつずつ見ていきましょう。

 

I型

アルファベットの「I」のイメージから、シンクとコンロが一列に並んだキッチンをいいます。

 

ほとんどの対面キッチンはこのI型が採用されています。

 

一番スタンダードなタイプですね。

 

必要な機能が一列にギュッと詰まっているため、価格をリーズナブルに抑えられるのも魅力でしょう。

 

ただし、I型だけだと収納量が足りない可能性はあります。

 

背面側など空いたスペースに食器棚や収納庫を確保する必要があるでしょう。

 

II型タイプ

これもアルファベットの「I」と「I」が並んでいるイメージから、シンクとコンロが並列に分かれているレイアウトをいいます。

 

I型は横並びだったのに対し、こちらはシンクの背面にコンロがきます。

 

そのため、動線が短いというメリットも。

 

さらにカウンターが2つあり、作業スペースが広がるため、複数人で調理する場合も便利!

 

収納スペースもたくさん確保できるため、ゴミ箱スペースをつくっても、十分収納量を確保できるのも嬉しいですね。

 

さらに冷蔵庫を最適な位置に配置することで、作業効率がぐっとアップするワークトライアングルも実現可能。

 

キッチンのワークトライアングルとは画像

引用元:LIXIL「キッチンのワークトライアングル」

 

ただしカウンターが2つある上、シンクとコンロが分かれるレイアウトは特注品になる場合が多く、価格面はアップします。

 

また背面カウンターとの通路幅なども、前項の図のとおり複数人で作業する場合、1m20cm程度は必要になります。

 

マイホーム全体の予算やスペースの検討が必要となるでしょう。

 

L型タイプ

L型タイプはアルファベットの「L」字のようにキッチンを配置すること。

 

対面キッチンの場合は、その片側の面が対面としてオープン仕様になります。

 

L型タイプのメリットは、シンクとコンロの位置が近く動線は短いこと。

 

また作業スペースも広く、下ごしらえと盛り付けという風にスペースを分けることも可能です。

 

さらにキャビネットもI型に比べると多く配置できるため、収納量に困ることもないでしょう。

 

II型キッチン同様、冷蔵庫を配置し、ワークトライアングルをつくることで作業効率をアップさせる効果も。

 

ただしL型部分の収納がどうしても奥まってしまい、収納しづらいという難点があります。

 

その上広いスペースが必要となり収納量が増える分、I型に比べ価格面もアップするため、こちらも家全体の価格やスペースとの調整が必要となります。

 

まとめ

 

対面キッチン画像

 

対面キッチンの基本の形やレイアウトについてご紹介しました。

 

ポイントをまとめますと

 

タイプは2つ

 

アイランドキッチン:4方が壁に接しておらず、まるで島のように配置されたキッチン

 

ペニンシュラキッチン:3方が壁に配置しておらず、半島のように壁から突き出したキッチン

 

レイアウトは3つ

  • I型:シンクとコンロが横並びの配置
  • II型:シンクとコンロが並列に分かれて配置
  • L型:シンクとコンロをL型に配置

どれも一長一短あります。

マイホームのご予算やスペースに合わせて計画しましょう。

 

対面キッチンはカウンターのタイプによっても使い方が変わってきます。

 

次回はカウンターについて掘り下げてご紹介しますね。

 

さいごに、待望のNEWモデルハウスの概要は以下のとおりです。

 

場所:高知市南久万(完全予約制)

見学期間:2021年5月15日(土)~8月31日(火)までの限定公開

時間:10:00〜18:00

シリーズ名:STANDARD

 

 

詳しくは以下のバナーをクリックしてくださいね!

\家族の夢を応援するローコスト住宅/体感ショールーム見学バナー画像

 

本社のある東久万でも随時見学予約受付けております。

 

「家を建てるかどうかまだ決めてないけど、まずはどんなおうちなのか見学してみたい!」というお客様でも大丈夫です。

 

まずはウッドボックスの住み心地やこだわりの自然素材をご体感ください。

 

スタッフ一同、コロナ対策を万全にしてお待ちしております。

 

 

 

\見てさわって体感/

ショールーム予約バナー

 

 

\資料請求から夢の一歩を/

 

 

 

 

プロフィール

岡村 さつき
岡村 さつき
お客様へのメッセージ

『こんな質問して失礼じゃないかな?』、『当たり前かもしれないから聞くのが恥ずかしい・・・』そんなことも聞きやすいような雰囲気づくりを心掛けています!心配なことは何でも聞いて下さいね!

フラッグ
気球

line up

商品ラインナップ

PAGE TOP
WOODBOX施工写真
WOODBOX施工写真
WOODBOX施工写真
WOODBOX施工写真
WOODBOX施工写真
WOODBOX施工写真
WOODBOX施工写真
WOODBOX施工写真
WOODBOX施工写真